就職活動をしているうち、気になるのがコネ入社や知り合いの紹介での入社など、縁故採用の現実です。
これから転職や就職を考えている方にとって、コネや知り合いの紹介を利用するのにどんなメリットやデメリットがあるかをご紹介します。

コネ入社って本当にあるの?

いまどき縁故採用が存在するのかという疑問をお持ちの方も多いと思います。
しかし、日本の職場には、今もコネや知り合いの紹介という縁故入社の文化が根強く残っています。

縁故で入ってくる人材というのは、会社的にも信頼できる人からの紹介であるという点が考慮され、合格する可能性が高いです。

コネがあるなら積極的に利用すべき?

現代日本では、就職や転職が非常に厳しい状態にあります。
そのため、知り合いの紹介などの特殊な条件があるなら、それは大いに活用すべきアピールポイントになります。
「運も実力のうち」という言葉がありますが、コネや紹介での入社は非常に役立ちます。

現在は、新卒であっても内定を取るのが難しい時代です。
もしも自分がコネを使って就職活動をできるなら、積極的に利用していきましょう。

コネ入社なら絶対に合格できる?

コネを持っている人で勘違いしやすいのは、自分ならコネがあるから絶対に受かるという妙な自信を持ってしまうことです。

いくらコネがあっても、募集要項の人材と大きくかけ離れていたり、募集している枠が少ない場合はコネが通用しない場合もよくあります。
コネや紹介に頼らずとも仕事を見つけられる用意しておくことが重要です。

コネ入社のデメリットとは?

コネや紹介で入社した場合によく言われるマイナスポイントとして、他の社員からの目が気になるという点があります。
例え縁故入社を隠して入社したとしても、どの職員が秘密を知っているかわかりません。

そのため、仕事に対するプレッシャーが過度にかかってしまい、ストレスの原因になることもあります。
コネを使って入社するなら、ある程度気持ちを割り切って仕事するのがいいでしょう。

女性の事務職はコネ入社が多い?

専門職と比較すると、事務職はコネで入社する方が多いというのは事実です。
事務職は基本さえ覚えてしまえば、誰でも取り組みやすい仕事だからです。
ただし、コネで就職できたとしても、出世には影響はありません。
コネが通用するのはあくまで入社する前です。

出世の要素にはやはりその人の才能やこれまでの仕事の成果が高く評価されます。
自分のキャリアプランに合わせてしっかりとサポートしてくれるエージェントが見つかれば、就職活動はぐんと楽になるはずです。