豊富な事務系の資格の中から自分が目指したい資格を取得する

事務系の仕事には、様々な生かせる資格があります。
そのため、一体どの資格を取得したらいいんだろう?と悩んでしまう女性も多いでしょう。

そんな時は、自分が輝きたいジャンルや、目指したい道を是非最優先してください。
パソコンのエキスパートになりたいなら、「MOS資格」
経理の場で活躍したいなら「簿記検定」
書類や情報管理のプロになりたいなら「文書情報管理士」
女性なら誰もが一度は憧れる、秘書を目指して「秘書検定」 など、ジャンルを絞ることで、より才能を発揮できるでしょう。

昨今注目されている「文書情報管理士」

ここ数年、一般事務職を目指す女性から注目を浴びているのが「文書情報管理士」です。
日本文書情報マネジメント協会が認定するこの資格は、上級、1級、2級に分かれ、自治体などで電子化業務を行う場合に、「文書情報管理士」資格を入札参加資格要件にするなど、知名度や必要性が年々高くなっている資格です。

「文書情報管理士」は特にパソコンでの記録管理に役立つ知識が得られます。
現代では、仕入れや発注、売り上げや顧客管理など、ほとんどの作業がパソコンを通じて行われ、これまでは紙で行っていた資料の保管も、スキャンしPC上で保管する動きが活発となっています。
これらの電子化されたデータを、安全に保管する方法を提案したり、長期保管するためにマイクロフィルムを活用したり、といった最先端の知識で、企業をサポートしていけるでしょう。

憧れられる職種に就く「秘書検定」

秘書の仕事に憧れている女性は非常に多く、その求人倍率は高いものとなっています。
そんな「秘書」の仕事に就くために、有効なのが「秘書検定」の資格です。
資格があることで、最低限のビジネスマナーや一般常識を習得していることが示されるため、人事が特に重要視している資格と言えるでしょう。

「秘書」の仕事をするほど自信がない、という女性も、「秘書検定」の勉強をしておくことで、ビジネスマナーの基礎が身に付きますので、一般事務の仕事であっても、来客対応や電話応対などで、大いに役立てることができますよ。

資格取得に向けた勉強方法



事務系の資格は、働きながら取得を目指す女性が多いジャンルです。
そのため、すきま時間を有効活用し、知識を積んでいく必要があります。
テキストは普段から持ち歩き、電車での移動時間や、休憩時間などで、すぐ開けるようにしておきましょう。
無料で利用できるスマホの検定対策アプリなどもあるため、防水ケースに入れてお風呂で学習したり、寝る前に復習を行ったりするのも良い手段です。