女性に人気の事務職の求人を探すと、派遣社員の募集が非常に多く見つかります。
派遣社員はどんな人に向いているのか、メリットよデメリットについて考えてみました。

派遣の最大のメリットは自由度の高さ

派遣で仕事を探す際、まず人材派遣会社に登録をします。
正社員の場合は、提示された条件に自分が合うかどうかで探すため、なかなか自分にぴったりの会社を探すのは難しいです。

しかし、人材派遣会社に登録すると、自分の条件に合わせて仕事を紹介してくれるので、仕事の選択肢が広いというのが大きなメリットです。
女性の場合は特にキャリア重視なのか、プライベートのライフスタイル重視なのかによっても働き方が違ってきます。
自分の希望する働き方に合わせて仕事を探せる自由度の高さは、派遣社員ならではのメリットです。

さまざまな業界の仕事にチャレンジできる

事務職の求人といっても、どの業界で働くかによって仕事内容はさまざまです。
会社の規模も多種多様なので、自分の興味がある業界の仕事を探すことができます。

自分の希望を登録しておけば、希望に合わせた職場を紹介してもらえます。
未経験の業界でも気軽に飛び込みやすいのが派遣のメリットでもあります。

派遣社員のデメリットは意外と少ない

派遣というと、すぐに契約が切られたり、ボーナスが出ないため収入面が不安定だったりというデメリットがあります。
確かに、派遣の仕事は契約期間が終わったら更新してもらえない、契約途中で打ち切られてしまったというケースもあります。
収入面でも、ボーナスが出ず、働いた時間分だけが給料です。
正社員に比べたら不安定に感じる面は確かにあるでしょう。

ただし、契約を打ち切られたり、延長してもらえなかったりというのは、個人の能力による部分がかなり大きいです。
需要があれば、派遣社員であっても、比較的安定して仕事に就くことができます。

また、収入面に関しても、ボーナスは出ませんが時給で換算すると残業の多い正社員より高くなる場合もあります。

求人探しは人材派遣会社の選び方が重要

インターネットで検索すると、派遣会社の数はたくさんあります。
その中でも、自分に合った会社を選ぶのは大切です。
特に、自分の年齢に合った求人数の多さがあるかは重視しましょう。

また、福利厚生が充実しているかどうかと、派遣スタッフに対するフォローが手厚いかどうかも重要なポイントです。
仕事を紹介してもらうだけでなく、実際に働き始めてからもきちんとしたサポートが期待できる会社が良いでしょう。